Ascent Plaza

ファイブカード・ドローは、最も昔ながらのポーカーゲームの一種です。テキサス・ホールデムが台頭するまでは、一番人気のポーカーゲームといえるほど圧巻していました。一見、他のゲームと似ているように見えますが、実はまったく違う工夫がされています。このガイドでは、基本的なルール、上級レベルのコツ、ゲームマナーやゲーム戦略についてご紹介します。

トランザクション

ハンドは、使用するベッティング・ストラクチャーに応じて、2つの方法のうちいずれかで始まります。ファイブカード・ドローでは、プレイヤー全員がアンティ(強制参加料としての少額のチップ)を置いたところでプレイを開始できます。

ドロー

ファイブカード・ドローの「ドロー」は、まさにゲームの中心となるもの。最初のベッティングラウンドの後、プレイヤーは不要なカードを捨てて、新しいカードを引くことができます。

ベッティング・ストラクチャー

ファイブカード・ドローのベッティング・ストラクチャーは、テキサス・ホールデムのものと似ています。スモールブラインドとビッグブラインド(ブラインド:ゲームスタート時の強制ベット)から始まります。

ファイブカード・ドロー - 取引のルール

すべてのプレイヤーが前に出てきたとき(またはブラインドが支払われたとき)、ディーラーはすべてのプレイヤーに5枚のカードを伏せて配ります(左から順に)。 プレイヤーが5枚のカードを受け取ると、第1ラウンドのベッティングが行われます。ブラインドでプレイしている場合は、ビッグブラインドの左側にいるプレイヤーからベットを開始します。これはテキサス・ホールデムと同じですね。 アンティ(ゲームスタート時の強制参加料)でプレイしている場合、ベットはディーラーの左隣のプレイヤーから始まります。

ファイブカード・スタッド - アンティ・アップとディール

ファイブカード・スタッドのディールの前に、すべてのプレイヤーはアンティを置きます。その後、最初の2枚のカードが配られます。 1枚は下向き、もう1枚は上向きにします。

簡単に真似できるカードドロー・ポーカーの5つのコツ

ファイブカード・ドローをプレイしているときは、派手にやりたい衝動に駆られるかもしれませんが、通常は、堅実かつ賢明なプレイをすることでより良い結果が得られます。 あまりにも度が過ぎると、スタックが「蒸発」してしまい、ポーカーのバンクロール(資金)が急に激減しまうこともあり得るので、気をつけましょう。

ポートフォリオ

最新ブログ